検索

イエスの風 No.15

 先日の日曜日は、娘の学園祭に出かけました。「日曜日に休むのは如何な物か?」とお叱りを受けそうですが、勇気を振り絞って出かけました。今まで、土曜日、日曜日の行事は、仕事故に全く参加出来ませんでしたので、初めての経験でした。学校で見る娘の姿は、普段よりも輝いていました(いつも可愛いですが…)。その時のことを想い起こし、子どもは自分の知らない所で成長しているのだと、しみじみ思っています。人生も、この世界も色んな事があります。そして、私たちは、自分の狭い世界に閉じこもりがちになってしまいますが、神が造られた世界は、自分が見たり、知ったりしていること以上の広がりがあり、そこには沢山の計り知れない恵みが満ちているのだと言うことを信じる者でありたい、そう願うのです。

主イエスのいのちが、あなたの内に溢れますように。主がこう言われます。「あなたは、わたしの愛する子。わたしはあなたを喜ぶ。わたしは決してあなたを離れず、またあなたを捨てない。安心して行きなさい。」

マタイの福音書13章44〜52節「天の御国の目利きに」

 果物好きなので、スーパーなどの果物売り場に行くとじっくりと時間をかけて、果物選びに余念がありません。色やかたち、重さなどを見比べながら、どれが美味しいかと一生懸命に選ぶのです。果物図鑑などを読んで、美味しい果物を見分け方を学んだりします。そんなふうにして買って来た果物が美味しいと、本当に嬉しくなるのです…。

 目利きになりたい…。どんなものでも、しっかりと良いものを見出し、見分けることが出来るようになりたいのです。特に、神の祝福や恵みの目利きになりたいものです。神の国、天の御国の目利きです…。神の祝福や恵みは、今日も満ちています。けれど、それはあからさまに分かるようにではなく、むしろひっそりと存在します。まるで隠されているかのようです。

 宝物は、いつも隠されています。宝探しをした事があるでしょうか。子どもの頃に、宝物を隠し、秘密の地図を作って、友人たちとワクワクしながら探しに出かけました。

 高価なもの、貴重なものは、そう簡単には見つかりません…。子どもの頃に虫採りに出かけ、樹のほこらの奥に潜んでいる珍しい昆虫を見つけて大喜びし、一心不乱に捕まえようとしました。

 イエス様は、弟子たちに向かって言われました。「天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。また、天の御国は、良い真珠を探している商人のようなものです。すばらしい値うちの真珠を見つけた者は、行って持ち物を全部売り払ってそのそれを買ってしまいます。」(44〜45)

 イエス様は、天の御国のことを話される時に、ワクワクし、喜びに心躍るように話されたのです。イエス様にとって、天の御国を見出すことは、宝探しをしているような、貴重な宝物を見つけた時のような経験だったのです。それは、隠されています。そして、そう簡単に見つからなかったりします。けれども、見つけ出す価値があります。見つかると大喜びするのです。

 最近、雨上がりの夕暮れ時に、外に出かけて自転車を走らせていました。すると、大きな虹が綺麗な半円を描いて空に現れていました。何か心に希望がわいて来ました。そして、ふと後ろを振り返ると、夕日で空が黄金に輝いていて、目が眩むほどでした…。言葉に出来ない感動が心に拡がって、思わず友だちに知らせました…。そして、「神様…」と呟いていました。それは、心から神様を崇める経験でした。

 天の御国を見出すことは、ワクワクと心震わせ、喜びに満ちる経験です。どんな犠牲を払っても手に入れたいと願うこと。神様は、私たちに宝探しをさせようとしておられます。貴重な宝を見つけることが出来るようにと、見る目を養い、育てて下さる。私たちを、恵みと祝福の目利きにして下さるのです。

 イエス様は、そのために弟子たちと特別に語り合い、天の御国について彼らに教えて下さいました。イエス様との交わり、触れ合いが、天の御国を見出す目利きになるために大切でした。イエス様の眼差しは、良いものと悪いものを見分けることが出来ました。弟子たちは、イエス様と共に過ごし、イエス様の心、眼差しを学んだのです(47~50)。イエス様は、弟子たちにおっしゃいました。「あなたがたは、これらのことがみなわかりましたか。」(51)そして、弟子たちは答えたのです。「はい」するとイエス様は、弟子たちに向かってこうおっしゃられたのです。「だから、天の御国の弟子となった学者はみな、自分の倉から新しい物でも古い物でも取り出す一家の主人のようなものです。」(52)イエス様は、弟子たちが、自分の目で、心で判断できるようにし、委ねて下さった。彼らを、天の御国を見分ける目利き、学者と呼ばれ、免許皆伝にして下さったのです。

 イエス様は今日、あなたにも語られます。あなたにも、イエス様の心を授け、イエス様の眼差しを与えて下さいました。イエス様の心は、愛に満ち、その眼差しは、憐れみに溢れ、どんなに小さく、僅かでも、本物の恵みを見分け、見出すことが出来ます。そのようなイエス様の心、眼差しを学んだのです。頂いているのです。試してご覧なさい。しっかりと見つめて、神様の恵みを見つけましょう。隠された宝を探し始めましょう。高価な真珠を探しましょう。必ず見つかります。あなたは恵みと祝福の目利きなのです。イエス様は、免許皆伝にしてくれたのです。

 今日も聖霊の風が吹き、イエス様の心があなたを導いてくれます。あなたは、隠された宝、高価な真珠、多くかき集められた中から本物を見分けることが出来るのです。さあ、出かけて行って、天の御国を探しましょう。見つけて共に喜び、お祝いしましょう。

11回の閲覧