検索

緊急事態宣言

 昨日の夕方、東京都に緊急事態宣言が発令されました。コロナウィルスの感染拡大を防ぐためです。今朝もアルバイトで、幼稚園の園庭の掃除をしました。とても良い天気、鳥たちの鳴き声が響く中、作業をしていると、市役所からの放送が聞こえて来ました。「緊急事態宣言が発令されました…」それを聞きながら、自分たちの生活が今までと変わるのだと言うことを感じました…。

 そんな中、ふと心に浮びました。「『神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。』僕らは、もっと昔から、別の宣言を聞いてきたはずだ…。神の子の宣言。福音の宣言。『神の国が近づいた…』と言う喜びの宣言を。緊急事態宣言が僕らの生活を変えるなら、イエス様の宣言はもっと僕らの生活を変えているはず…。『神の国は近づいた…』この宣言に合わせて生活をしよう。この世界には、2000年前から福音の宣言が響いている。喜びの宣言、互いに愛し合い、全てのものと和解し、平和、慈しみをもって日々を生きる。『神の国の福音宣言』に生きよう。」

 今日から緊急事態宣言を受けて、アルバイトで新しい使命が与えられました。植木鉢の花たちに水をやることです。僕は、この仕事を「神の国の福音宣言」の許でしたいと思います。

「天におられる私たちの父よ。御名が聖とされますように。御国が来ますように。御心が天に行われる通り、地でも行われますように。私たちの日毎の糧を今日もお与え下さい。私たちの罪をお赦し下さい。私たちも人を赦します。私たちを誘惑に陥らせず、悪からお救い下さい。アーメン。」

71回の閲覧